You can import the current diagrams you created using Astah SysML to Astah System Safety since version 7.0.
This allows you to transfer your data from Astah SysML to Astah System Safety to use the advanced functionalities of Astah System Safety’s such as Cameo XMI import/export and more!
※ Data is transferable only-way only. You cannot transfer the data the other way around.

section divider

Import Astah SysML files

  1. Go to [Tools] – [UML/SysML] – [Import Astah SysML Project (.asml)
    Data Transfer from Astah SysML to Astah System Safety

  2. Choose the .asml file you want to import
section divider

NOTES

There are some restrictions you should know before you load Astah SysML diagrams.
Some models will be automatically comforted to fit in Astah System Safety’s specification or will not be imported. This is because Astah System Safety and Astah SysML implement different version of SysML. (Astah System Safety supports SysML version 1.5).

全般

  • 以下のモデル、図要素はインポート時に無視されます
  • サポートされないミニアイコン
  • 重複するステレオタイプ
    • モデル名が重複となる場合に一意になるように変更されます

要求図

  • 以下のモデル、図要素はインポート時に無視されます
  • テストケースのID

ブロック定義図

  • 実現や使用依存が接続するポートの型が<<Unspecified>>の場合、適当な型を設定します
  • 多次元の多重度は一次元に切り詰めます
  • 以下のモデル、図要素はインポート時に無視されます
  • アクターが所有する属性・操作
  • ユニット・量種別に接続する関連
  • アクター・インターフェース間の汎化
  • インターフェースのアクティブ属性
  • 汎化の名前

内部ブロック図

  • パートプロパティの型が<<UnknownType>>の場合、適当な型を設定します
  • 以下のモデル、図要素はインポート時に無視されます
  • アクターを型とするパートプロパティ

パラメトリック図

  • 制約ブロック配下のパラメトリック図のバリュープロパティは制約パラメータに変換する
  • 以下のモデル、図要素はインポート時に無視されます
  • 同一モデルのバリュープロパティ図要素の重複

ユースケース図

  • 以下のモデル、図要素はインポート時に無視されます
  • ユースケース記述

アクティビティ図

  • プロセス、コネクタの図要素表現が四角形に変化します
  • オブジェクトノードの制御は常にOnに変換されます
  • 以下のモデル、図要素はインポート時に無視されます
  • フロー終了ノード上の入力ピン・出力ピン
  • シングル送信アクション上の出力ピン
  • イベント受信アクション・時間イベント受理アクション上の入力ピン
  • オブジェクトノードの効果、例外、ストリーム
  • オブジェクトノード、パラメータノードの状態
  • オブジェクトノード、出力ピン、入力ピン、アクティビティパラメーターノード間以外に接続するオブジェクトフロー
  • オブジェクトノードのステレオタイプ
  • パーティションの責任要素にユニット・量種別が設定されている場合

ステートマシン図

  • 以下のモデル、図要素はインポート時に無視されます
  • サブマシン状態のスタブ状態

シーケンス図

  • 以下のモデル、図要素はインポート時に無視されます
  • 複合フラグメント(assert)の二番目以降のオペランド
  • メッセージのガード、返り値変数、返り値
  • ライフラインの型にユニット・量種別が設定されている場合